風車立てを端材でDIYしたら妖精が命を吹込んでくれた

100円ショップで風車(かざぐるま)を買いました。

どこに置こうか?
どうやって置こうか?

風車ってみんなどうしているのでしょうか?
私は風車立てなるものがないか、探したのですが、見当たりません。

かざぐるま

そこでDIY(自作)する事にしましたよ。

私の風車立ての作り方を紹介します。

端材でコストをかけず風車立てを作る

売っていないという事は世の中に存在しないものなのでしょうね。
だから、” 風車立て ”という名称も私が付けたことになります。

世に無い物を生み出すという画期的なDIYなのですが、私は倉庫に転がっている端材で済まそうとしています。

倉庫にあった端材

風車立てをDIYしようと思ったわけ

私が風車立てなるものを作ろうとしたのは、超簡単に出来ると思ったからです。

・・・というのも良い道具あるのを思い出したからです。
それは太いドリルです。

それにキーレスドリルチャックも持っていたのでした。

ドリルを差し込んだインパクトドライバー

風車立てを作る手順

私は風車立てをDIYするのに、10分も作業すれば出来ると高を括っていましたよ。

実際、あっという間に作業は終わったのですが ・・・

風車を立てる穴を開ける

直方体の端材を固定します。
そして、ドリルで穴を開けます。

ドリルで穴を開けようとしたところ

この穴に風車を差し込もうというのです。

風車を差し込む穴

ところが、私は失敗してしまったのでした。
穴を貫通させてしまったのです。

途中でドリルを止めて風車の棒の先が端材の中に残る様にしたかったのでした。

貫通してしまった穴

さらに困った事に、キーレス六角ドリルチャックが噛み込んでしまったのでした。
ドリルが外せなくなってしまいました。

噛み込み防止機能がついたキーレスドリルチャックを買っておけば良かったです。

キーレスドリルチャック

しかたないですね。
作業はこのまま続けることにしましたよ。

三角の羽をつける

倉庫に丁度2つ三角の切れ端が転がっていました。
これをつけると羽の様になって可愛らしく見えるでしょう。

三角の切れ端をつける

底面が必ずしもフラットではないのですが、まぁ、これでイイでしょう。

DIYした風車立て

一旦、風車立て完成

それでは早速、風車を差し込んでみましたよ。
凄く良く回るのに驚きました。

穴は大きいので風車の軸を締め付けていません。
だから、風向きに合わせて360度自由に回転出来ます。

良く回る風車

見た目も可愛らしいです。

ちょっとの時間の作業で完成です。
私はこれでイイと思ったのでした。

かなりの強風が吹いても倒れない風車立てに

風車は凄く調子よく回ってくれるので喜んでいたのですが ・・・
かなりの強風が吹いた時、倒れてしまいました。

そこで私は思案したのでした。
すると、風車と一緒に100円ショップで買ったものに気づきました。

それは、鉄製チェーンです。

鉄製チェーンを重しにした風車立て

鉄製チェーンは重いですからね。
これなら風で倒されることはないでしょう。

妖精が風車に命をくれて

自分で作ったからではありません。
とても風車に愛着を感じる様になりました。

動いたり、止まったり、首を振ったり

ピノキオに妖精が命を吹込んだ様に、風車も生きているみたいです。

風車立てがこんなに楽しくなるとは思いませんでした。

かざぐるま立ての作り方 10分簡単DIY

 




 

★~☆~★~☆~★~☆
いいの選び方 TOPへ
★~☆~★~☆~★~☆

タイトルとURLをコピーしました