夏、無料で涼しくなる氷嚢、アイスバッグ

夏本番、暑さはこれからです。
でも、予想外ですが、私は涼しい思いをしています

それは、氷嚢、アイスバッグです。
私は腰を悪くしてしまい、接骨院に行きました。すると、患部を冷やしてくださいと言われ、氷嚢を買う様に勧められました。

痛い所というのは、冷やした方がいいのだそうです。でも、保冷剤は冷たすぎて赤く腫れてしまうことがあるので、氷で冷やすのが良いそうです。

それで私は氷嚢を買って、腰にあてているのでした。確かに冷やしていると痛みが無くなります。それで氷があればずーっと冷やしているのでした。

 
アイスバッグ

 

ところが、この夏、この氷嚢を体に当てていると涼して気持ちいいのです。

腰だけでなく、首や肩、リンパ腺の部分などを冷やすと暑さを忘れます。

冷蔵庫の氷でこんなに涼しい思いをするなんて。ほとんど無料で涼むことができるわけです。

それだけではなく、スーパーに買い物に行った際、生ものが悪くならない様に氷をもらって来ます。

これまで、家に帰ると、その氷を捨てていました。私はスーパーの氷が氷嚢にとても合うことが分かりました。

それは、氷が小さいからなのでした。体に当てた時に角が当たらないし、体の下に置いた時は、氷嚢が体に合わせた形になってくれるのです。
 
スーパーでもらった氷
 

もらって来た氷なので、それこそ無料で涼めるという訳です。

もっと早く氷嚢、アイスバッグを知っていれば良かったと悔います。この氷嚢は安いものなので、持っていて損はないと思います。

 



 

体に当てる場所によって涼しく感じる度合が違うので、色々試してみる楽しみもありますね。

 



 

 





at 2014/08/06
Filed in category: 生活, and tagged with:

Comments are closed.