ムカデに刺されたら 応急処置は温める

先日夜、寝ていたら、ムカデに刺されました。
足がもぞもぞしたので、飛び起きたら右足の薬指を指されました。痛かったです。

 

これは腫れて来そうだと嫌な予感がしたので、夜間救急病院に行ったのでした。ムカデに刺されたのは丁度、日付が変わった頃です。この時間では薬局も開いていないので、夜間救急病院を頼るしかないと考えたのでした。

夜間救急病院



 

ムカデに刺されて30分後には、お医者さんに見てもらう事が出来ました。

「 温めましたか? 」

右足の薬指の腫れている部分を見ながらお医者さんが言うには、ムカデの毒は熱に弱いのだそうです。

だからムカデの刺されたら応急措置として
43度くらいのお湯に患部を10~15分程、浸しておくと解毒されるのだそうです。

熱するとかえって毒が体に回りそうに思ったので、何もしませんでした。お医者さんの話では、蜂などに刺された場合は、むしろ冷やした方が良い場合が多いのだとか。ムカデの場合は、その逆で熱が毒に効果を発揮すると言います。

ムカデに刺されたら温める
 

私はその場でお湯をもらって患部を温めてもらいました。43度というと少し温かいお風呂の温度位です。だからお風呂が沸いていたら、直ぐに患部を湯船につければ良いのでしょう。

 
ちなみにムカデは物陰に逃げたのですが、ハエや蚊用の殺虫剤を辺りに噴射したら出て来ました。かなり弱って来ましたが、いつまでも動いていました。

やはり、ムカデ用の殺虫剤を用意しておいた方がいいのかもしれません。


 

お医者さんは薬を出してくれました。

ステロイドの塗り薬です。一日に数回、薄く患部に塗ってくださいと言われました。

「 お守り代わりに ・・・ 」

その時のお医者さんの言葉は、お守り代わりに薬も出しておくといったものでした。ステロイドの塗り薬よりも、温める方がムカデの毒に効くという事なのでしょう。つまり43度のお湯に直ぐにつけると言うのは、応急措置ではなく、一番の治療方法だという事です。

知っていれば、慌てなくて良かったものをと思いました。

ステロイド系 VG軟膏



 
そして、ステロイドの軟膏も塗ってもらったので夜間救急病院から帰ろうとしました。
会計をすると、3200円!

めちゃ高い!

でも払わないわけにはいきませんから、3200円を渋々出しました。ムカデに刺されたら温めれば良いと知っていれば払わなくて良かったお金です。

なんか損した気分になってしまいました。この日、丁度私の誕生日だったのでした。

日付が変わって誕生日になったばかりに起きた騒動なので、複雑な気持ちになりました。

 




 

 





at 2014/09/14
Filed in category: 健康,

Comments are closed.