ワンマン電車の乗り方 身延線

地方での生活はもっぱら、車での移動です。私自身も、年に数回しか電車に乗りません。

地方では人口が少ない上に、通勤通学に電車を利用している人は少数派です。運賃も山手線なんかに比べると高い!尚更、利用者は少なくなります。

だから電車というのが、その地域の都会度を表している気がします。

 身延線 ワンマン電車

 

例えば私の最寄りの駅がある身延線

富士駅と甲府駅を結ぶJRです。多くの駅には駅員がいません。つまり無人駅です。

駅前も商店街やスーパーがある事もなく、タクシーもいません。駅前は住宅地といった感じですね。

 

だから人が歩いていないです。

都会との大きな違いは、駅前こそ閑散としている所ですね。

 




 

身延線でのワンマン電車の乗り方

  • ICカードの使える期間

    富士駅から西富士宮駅間は、交通系ICカード TOICAが使えます。西富士宮駅から北、甲府駅までは運賃は現金での支払いになります。

    最も注意すべきは、JR東日本のSUICAは使えないという点です。

    注意) SUICAは東海道線では熱海駅までしか利用できません。

     

  • ホームから電車への乗り方

    2両編成のワンマン電車に乗る場合、駅によって開くドアが決まっているので注意が必要です。

    また、ドアは勝手に開いてくれません。ドアの横にボタンがあります。そのボタンの上のランプが点灯したら、ボタンを押してドアを開けます。

     身延線 乗車ボタン

     

    無人駅から乗った場合、入ると直ぐに整理券が出ている所があります。それを抜いて取ります。ワンマンバスと同じですね。

     車内 整理券発行機

     

  • 電車の降り方

    電車に乗っていると、何度も聞く車内アナウンスがあります。

    「 ◆▽駅では、全てのドアが開きます。 」

    当たり前のことを何度も言うのは、当たり前ではないということですね。

     

    つまり、駅によっては運転手に最も近いドアしか開きません。だから前方の車両に移動しないと降りれません。

    それにこのフレーズは、言外に下の様な意味が込められている様です。

    「 全てのドアが開くので、降りる人はボタンを押して下さい。 」

     身延線 降車ボタン

     

    乗る時同様、ドアは勝手に開きません。ドアの横のボタンを押さないとなりません。

     

  • 運賃の支払い方

    無人駅で降りる場合、ワンマンバスと同じ様に乗務員にお金を支払います。駅等に札は1000円しか使えない旨の掲示がしてあります。実際はどうなのか?試したことはありませんが ・・・

    切符をもっている際は、乗務員に渡します。問題は精算が必要な場合です。一人二人の場合はいいのでしょうが、グループの場合は乗務員は困るでしょうね。長く停車するわけにはいきませんから・・・

     身延線 車内

     

    ワンマンバスとの大きな違いは、車内で整理券を取り忘れた場合です。

    実は私は整理券を取れた試しがないです。バスの場合は、乗車時、目線の上に整理券が出てきますが、電車の場合は気付き難いです。だから取り忘れるのですよね。

    でも、ドキドキしなくても大丈夫です。支払い時にどの駅から乗ったと口頭で申告すれば、問題ありません。

 




 

身延線 都市伝説!?

身延線 富士駅

 

このローカルな身延線には都市伝説があります。

東海大地震が起きると、東西の交通が麻痺する可能性がある。その場合、東海道線と中央本線を結ぶ身延線が迂回経路として使われる備えになっているという話です。

例えば、静岡駅以西が震災により不通になった場合、東京駅を出発した電車は身延線の線路を走って甲府駅まで行き、中央本線に乗り入りするという噂です。

だから、身延線は複線化が早々と進んだと実しやかに囁かれています。

 



 

 





 

at 2013/11/02
Filed in category: 生活, and tagged with: ,

Comments are closed.