通勤自動車 新卒ならスマートビークルという選択

通勤は各自、職場まで自動車で来るというのが当たり前なのが地方です。
都会の様に交通インフラが充実しているわけではないので、自動車がないと出勤できません。

だから、新卒で就職した人も、いきなり自動車が必要になります。
これってかなり困るのです。安くても百万円程しますからね、自動車を買うとなると。

働く前に百万円程を使わなければならないというのは、ちょっと ・・・
( ̄へ ̄lili) ウーム

だから安い中古車を初出勤までに苦労して探す人も多いですネ。
それが地方の実情です。

 
もう一つの選択肢として、カーリースを利用する人もいます。
カーリースというと会社が事業用の車を入手する際に使われますが、個人のカーリースのサービスもあります。

例えば、コスモ石油が行っているスマートビークルでダイハツのミライースを利用した場合、月々のリース料金は ・・・
22千円程です。




参照 ミライース 詳細ページ へ

往復の通勤距離が30Kmならば月々のガソリン代は5000円程でしょう。
カーリース代と合わせて27千円が月々の車にかかる費用です。これは新卒でも払えない額ではないですね。

働く前に百万円用意しなければならないとなると大変ですが、スマートビークルだと現実的な額になります。


スマートビークルの金銭的メリットは、走行距離 3000Km毎に交換しなければならないことになっているエンジンオイル、この費用が月々の料金、22千円程に含まれている事です。

突発的に発生する費用は、任意保険くらいになっているというのは、メリット感じます。車検やタイヤの交換も別途費用がかからないというので、安心感がありますね。

参照) ダイハツ ミライース22千円程に含まれる内容

  • 車両代金
  • 登録諸費用
  • 自動車取得税
  • 自動車税
  • 重量税(車検時)
  • 自賠責保険(車検時)
  • 車検整備
  • 法廷点検
  • 定期点検
  • オイル
  • タイヤ
  • ブレーキパッド
  • バッテリー
  • ワイパーゴム
  • エアコンフィルタ
  • その他消耗品

上記の内容を見ると、バッテリーが減るのも気にせず乗れると言う事ですね。
これを見るとメリットを感じるのですが、カーリースにはデメリットもあります。

例えば、5年リースで契約したのに、なんらかの理由で途中でやめたくなった場合、解約金がかかるそうです。

でも、普通に使う分にはメリットを感じますね。
これから働いてお金を貯めようという人にとって、まとまったお金を用意するのは大変です。銀行からお金を借りるのも面倒な事になりそうです。

その上、全国どこのコスモ石油のガソリンスタンドで、給油代が安くなるというのは心惹かれる所があります。

参照 ガソリン給油代金割引等 詳細

自動車通勤のメリットは、帰り、自分の車に乗り込んだ時に、あたかも帰宅した様にホッと息を抜ける気持ちになれる所です。

都会に暮らしていれば、通勤の為に自動車など必要ないのでしょうが、自動車通勤も悪くはないです。

夜、のんびり運転して帰るのは、電車通勤よりも楽だと思います。

自動車通勤

 



 

 





at 2015/02/19
Filed in category: 自動車,

Comments are closed.