最も安い自動車保険を一括見積で探すと

私の愛車の自動車保険の更新をしました。
毎年、最も安い自動車保険はどれだろうか? と、自動車保険一括見積というので、見積金額を比較して決めています。毎年やっているのにほとんど毎回、損保を変えています。

今年も、前年もそうやって探しているので、既に入っている保険を引き続き更新すればいいかなぁと思っていたのに、私は変更してしまいました。
 



 

おそらく、この自動車保険一括見積をすると、損保を変えやすくなるからだと思います。今年は気づいたのですが、自動車一括見積で重視する要素を値段にすると、前回の損保より安い自動車保険しか見積が作られませんでした。

毎年やっているのに自動車保険一括見積の結果が違うというのは驚きです。
安い自動車保険は変わると言う事なのでしょうか?

それが分かるというのは、とても有難いです。一括見積、選び易かったです。その代わり、複数の自動車保険一括見積サービスをやりました。どれも同じ損保だけとは限らないので、2つ、3つの自動車保険一括見積をやっておくと全てを網羅したことになるでしょう。
 
用意する物は、既存の自動車保険の証書、私の場合は、更新の案内に全て情報が入っていたのでそれを見ました。あと、車検証を手元に用意すれば、一括見積が出来ます。
 

自動車保管一括見積りサービス

参照 NTTイフ

参照 価格.com自動車保険

参照 保険スクエアbang!

参照 比較.com



 
見積結果はメールで送られてくるので、直ぐに分かります。

今年は結果的に、イーデザイン損保にしました。安かったです。ネット申し込み割引や保険証書の郵送は無しにしたりして節約しました。

保険証書はネットからプリントアウトしました。保険証書は見る機会がおそらく無いでしょうが、もし万が一、事故が会った時にどこに連絡したらいいのか電話番号は持っておいた方が良いです。

通常は財布の中に入れるカードを送ってもらうのですが、そういう郵送物は無しにしたので自分で用意しておかなければなりません。
 
そこで保険証書をプリンタアウトした時に印字された”自動車保険ご契約者カード”という部分を切り取りました。そしてラミネーターを使ってカードにしましたよ。
 
自動車保険契約者カード
 
私はラミネートするのが結構好きです。ラミネーターさえあれば、なんだってカードにすることが出来ます。とても便利です。

 

参照)ラミネーターってこういう機器です。
参照 アマゾン ラミネーターページ


オーム A3サイズ対応シンプルラミネーター LAM-903(00-5330)

 
これで安く自動車保険を申し込む事ができました。

 



 

 





at 2014/09/10
Filed in category: 自動車,

Comments are closed.