ナビで検索できなくても行けるマップコード

私は車で移動しているのでカーナビが必需品です。
ところが、新しい施設や住宅の場合、カーナビで地図が古くて検索できない場合があります。

 

常日頃、カーナビを使っているので、この様に目的地を設定できないケースが頻繁にあります。

だから、車に乗る前に目的地のマップコードを調べます。
マップコードは地図上の地点をコード化したものです。カーナビの地図が古くてもマップコードを指定すると地点を指定する事が出来るのです。

 
カーナビ
 

どのカーナビにもマップコードを入力する画面があります。

例えば東京駅の場合、マップコード 647 313 を入力すれば、東京駅が表示されます。
この様にマップコードさえ分っていれば、カーナビでその場所を目的地として設定する事ができる訳です。

 
マップコード入力
 

だから、例えカーナビで検索できない場所でも、
マップコードさえ分ればたどり着く事ができる!

これはとても安心です。慌てて交通事故を起こしてしまうのを防いでくれますよ。だから、私は出掛ける前にマップコードを調べてから車に乗ります。

 

マップコードは、地図検索サービス、Mapionで調べる事ができます。

参照) 地図検索サービス Mapion

 
地図URL
 

Mapionの画面で所在地や名称などで検索して地図を表示します。
地図の右端に” 地図URL ” と表示されています。それをクリックします。
すると下の様な画面が表示されマップコードを知る事ができます。

 
マップコードを調べる
 

国土交通省の観光庁はこのマップコードを広めて日本人の観光需要を拡大させたいと考えている様です。でも、今一つ、国民に広まっていませんよね。

でも、カーナビを使い易くする為に作られているコードなので、利用しない手はないと思います。

 



 



 

 





 

at 2014/01/30
Filed in category: 旅行, 自動車, and tagged with:

Comments are closed.