吹き抜けの暖房器具は扇風機

今年の冬はまだ石油ファンヒーターを使っていません。
我が家の吹き抜けのリビングには薪ストーブが設置されています。

薪ストーブを上回る発熱量のある家庭用暖房器具はそうそうないでしょうね。もの凄く暖かいです。

それに薪ストーブの前は遠赤外線が出てかなり暖かいです。だから、下の様に息子が特等席で勉強しています。

実はこの薪ストーブの前と匹敵する程、暖かくなる場所があります。

   薪ストーブのあるリビング  

それは2階です。薪ストーブの上は大きな吹き抜けになっているので、暖気が2階に上がり暖かくなります。

薪ストーブの暖かさは、空気がほんわりしている感じになります。良く外国の写真に薪ストーブの家で半袖姿の人が写っていますが、正しくそういう感じになります。

  

一方、薪ストーブと一番離れている1階の部分はなかなか暖気が来ません。暖気は上へと上昇してしまい、横へと移動し難いからなのです。吹き抜けがある為に、1階には、2階と対照的に寒いままの場所ができます。

 

それで薪ストーブには便利なエコファンストーブファンというものがあります。薪ストーブの上にのせるだけで回るファンです。

熱を電気エネルギーに変換して回ります。だから、省エネですね。天板が65度以上になると回転し出します。

以前、3枚バネのエコファンがあったのですが、今は2枚バネしか見ませんね。下の左の方が2センチばかり羽が大きいです。エコファンは値段が高いのと、壊れやすいという評判もあり、あまり流行りませんでした。

購入する方はある程度覚悟して買われると良いでしょう。おそらく下のショップが一番安く売っていると思いますよ。

 



ストーブファン 羽の長さ 205mm
12,380円

 

ストーブから出る暖かい空気を室内に循環させ、暖房効率を格段に向上させます。

 

販売店 : ニッチ・リッチ・キャッチ



 

我が家の薪ストーブにはエコファンはあまり適していないので私は使っていません。

そこで、我が家が使っているのは、下の様な扇風機です。上のストーブファンとは逆に室温が低い所から温度が高い薪ストーブに向けて空気を送ってあげています。これで暖気はかなり横に移動してくれます。

この扇風機は風を回転させる機能がついています。空気が拡散し易い風を送ってくれるのです。そこが扇風機とサーキュレーターの違いです。

   扇風機  

こうする事によって、2階が暑くなりすぎない効果もあります。
扇風機は薪ストーブでなくとも、同様の効果があるでしょう。冬でも扇風機は暖房器具として大活躍します。

サーキュレーターの機能がある下の様な扇風機を選ぶといいですね。

  


 



 

 





 

 








 

at 2013/11/24
Filed in category: 家電, and tagged with: ,

Comments are closed.